​保険・補償について

大型補償の自動車保険

自動車保険(対人賠償・対物賠償・人身傷害)に自動加入しているので、万が一事故が起きた場合でも保険金額の限度内で補償されるのでご安心ください。ただし、弊社貸渡約款に違反する事故および、損害保険会社保険約款の免責事項に該当する事故、警察の事故証明が取得できない場合の損害責任はお客様のご負担となりますのでご注意ください。

※保険料はレンタカー料金に含まれています。

免責補償制度(任意加入)にご加入されると、上記記載の1事故免責補償額のお支払いが免除されます。NOC(ノンオペレーションチャージ)及びレッカー料金については免除されませんのでご注意ください。

同一貸渡しにおいて複数事故が発生した場合、初回事故のみの適用となります。なお、貸渡し手続き後の加入、解約はできません。また、CDW(事故免責補償制度)については貸渡契約者本人のみ適用となります。複数人が運転される場合は貸渡契約時にCDW(事故免責補償制度)加入のお申込みが必要になります。

借受人および貸渡し時にお申し出いただいた運転者が次の事項に該当する場合は加入できません。

  • 免許取得後1年未満の場合

  • 21歳未満の場合

  • 70歳以上の場合

  • 過去に事故があり当社が不適当と認めた場合

貸出期間CDW

24時間1,000円

1週間3,000円

1ヶ月6,000円

※1加入につき、最大4名まで適用可能。​

ノンオペレーションチャージとは、万が一お客様がレンタカーをご利用中に、当社の責任によらない事故、盗難、故障、汚損、車両整備の損害、シートの焦げ跡などが発生し、車両の修理・清掃が必要になった場合、その休業期間中の営業補償として下記の金額をお客様にご負担いただきます。

自走して返却予定の営業店に返還した場合

30,000円

自走不可能な場合

50,000円
(レッカー代はお客様負担となります。)

※走行可能な場合でも店舗に返却されなかった場合(路上放置等)は50,000円を申し受けます。

保険・補償の適用除外

お客様は貸渡約款を遵守して、レンタカーをご利用下さい。なお、下記に該当する運転または状態で発生した事故による損害はお客様のご負担となります。この場合、基本料金に含まれる前述の保険補償制度、および車両・対物事故免責補償額制度の適用をお断りいたします。

お客様が負担すべき損害金を当社が立て替えてお支払いした場合は、お客様は直ちに立て替え金と同額を当社までお支払い下さい。

  • 事故現場により警察および当社への連絡など所定の手続きが取られていない場合

  • 貸渡契約に違反している場合

    • 無免許運転の場合

    • 酒気帯び運転・飲酒運転の場合

    • 契約者および運転者以外の方が運転して事故を起こした場合

    • 当店に連絡が無い場合

    • 貸渡期間の無断延長の場合

    • 無断で示談した場合

    • 氏名・年齢・住所などを偽った者の運転で事故を起こした場合

    • その他貸渡約款に違反した場合

  • 保険約款または補償制度の免責事由に該当する場合、または支払を除外されている場合

    • 故障による事故

    • パンク・タイヤの損傷

    • ホイールキャップの紛失破損

    • ライトの点けっ放しなどによるバッテリートラブル費用一式

    • 鍵の紛失

    • パンク応急修理キット代

    • お客様の所有、使用、管理する財物の損害など

  • 使用・管理上の落ち度があった場合

    • 施錠しないで駐車し盗難にあった場合

    • 使用方法が劣悪なために生じた車体などの損傷や腐食の補修費

    • 車内装備の汚損

    • 装備品の紛失

    • タイヤチェーン、キャリア、チャイルドシートの取付および装備不備による損害

    • 海岸、河川敷または林間など車道以外で走行した場合の車両損害(維持・管理された道路以外での事故)

    • 給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費

  • ※保険のお申込みは出発時に限らせていただきます。お貸出し中の途中加入・解約はできません。
    ※シートベルト、チャイルドシートの着用を条件とします。

故意・重過失・法令違反による事故においての措置

 レンタカー利用中の事故が増加し、損害率47%(2月~8月期間中)と前年比20%増となりました。中でも追突事故が全体の6割を占め、大幅に事故件数が増加しています。弊社におきましても事故による保険金支払い額や車両修理代などが大幅に増加し、全国最安値の料金プランの維持が難しい状態となってきております。

携帯電話の注視による前方不注意、車間距離不保持、わき見運転、速度超過など、運転手の著しい過失が原因となる追突事故は非常に悪質です。そのため、事故抑止活動の一環として、「故意・重過失・法令違反・貸渡契約違反による事故においての措置」をレンタカー規約に追加させていただきました。楽しいカーライフをお送りいただくために、安全運転に心がけ、レンタカーをご利用いただければ幸いです。

弊社におきましても、これからも安心してご利用いただける、地域で一番安いレンタカー店として、品質の向上とサービスの向上、そして事故抑止活動にさらに努力していく所存でございます。 何卒、弊社の事情をご了承の上、よろしくお願い申し上げます。

故意・重過失・法令違反による事故においての措置

  • 重過失(わき見運転等前方不注意における事故を除く)・法令違反・貸渡規約違反・無免許運転・30Km以上の速度超過・酒気帯び運転による事故の場合は、自動車保険が使用できなくなる他、レンタカー車両を全額弁償及び営業保障及び過失損害金として20万円をお支払いいただきます。

  • わき見運転等前方不注意(追突事故)における事故においては追突損害金として5万円お支払いいただきます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now